産業廃棄物収集運搬、建設資材は京都の大型ダンプ輸送の運送会社、(有)関西SKクリエイトまで。

有限会社 関西SKクリエイト

ご依頼、お見積もりはこちらまで、お気軽にお問い合わせ下さい。 0774-53-6000

産業廃棄物収集運搬なら関西SKクリエイト

新着情報

骨材販売(土場渡し)残土受け入れ

■会社所在地
〒610-0111
京都府城陽市富野森山61-2
(有)関西SKクリエイト

HEADWAY Japan Tune-up Series HOC-KINGFISHER [わたなべゆう・シグネチャーモデル]:イケベ楽器ショップ - db3b9

2019-07-14
カテゴリトップ>アコースティック楽器>アコースティックギター>アコースティックギターブランド別(G-H-I)>Headway>JAPAN TUNE-UP SERIES
HEADWAY Japan Tune-up Series HOC-KINGFISHER [わたなべゆう・シグネチャーモデル]
わたなべゆう × HEADWAY
YU WATANABE SIGNATUE MODEL
フィンガースタイルギタリスト「わたなべゆう」氏監修の特別モデルが、ヘッドウェイ「JTシリーズ」から登場!さまざまなボディシェイプやトーンウッドの組み合わせを試し、その中でわたなべゆう氏の得意とする演奏スタイルである温もりと透明感を併せ持つフィンガースタイルに最もフィットする仕様が選択されています。デザイン面では往年の愛機であるHeadway HDC-1020 "King Fisher"のデザインを落とし込み、ユニークなインレイデザインで指板やヘッドを装飾しています。
<わたなべゆう氏からのコメント>
「HOC-KINGFISHERは自分の演奏スタイルと楽曲に合うような柔らかい音色を求めて色々な材やボディシェイプを試しながら仕様を決めて行きました。ラインの音もナチュラルでバランス良く出るようセットアップしてもらっております。これから弾き込んでいくことによりさらにふくよかであたたかい音色になる予感を感じさせてくれるギターです。小ぶりなボディと握りやすいネックのグリップはとても演奏しやすく、女性や体の小さい方にもおすすめしたいです。また指板やヘッドの装飾や ボディの木目など見た目も美しく、手に取っていると愛着が湧いてきますね。音、演奏性、見た目と様々な点でこだわっているモデルですので、ぜひ楽器店で手にとって確かめてください」
(注)上画像で本人が手にしているギターは当モデルとは異なります。
◆HOCシェイプ
フィンガースタイルにフィットするカッタウェイ付きのHOCシェイプを採用。ハイフレットも弾きやすい仕様に仕上がりました。
◆ヘッド・指板インレイ
往年の愛機であるHDC-1020 "King Fisher"のデザインを指板に落とし込みました。カワセミが魚をとる姿がヘッドから指板にかけてデザインされています。
◆オリジナルサウンドホールラベル
サウンドホールラベルはオリジナルデザインを採用。
◆ネックのアリミゾ加工+後仕込み
ギター製作上重要なネックとボディのジョイント部分。ヘッドウェイでは上位機種で「アリミゾによるジョイント加工」と「ネックの後仕込み」を採用していましたが、JTシリーズ製品でもついに実現。
◆ナット&サドル加工
アコースティックギターの演奏で頻繁に使われるローコード。コード変更がスムーズに出来るように、ナットの角を滑らかに処理しました。また同じくサドルの角を滑らかにすることにより、ブリッジミュート時など右手が触れるときの感触も向上しました。
◆押さえやすい弦高調整
ギターの弾きやすさに大きく関わってくるのが弦高です。JTシリーズのギターは押さえやすさを重視した適正弦高に1本1本丁寧に調整しています。
◆フレットエッジの丸み加工
番手の違うサンドペーパーやスチールウールなどを使い分け、各フレットのエッジ部分に丁寧に丸みを付けることにより、左手の移動が滑らかになりました。ハイフレットまで滑るように移動が可能です。
◆指板処理
サウンドの質や立ち上がりに関わる重要な箇所である指板。スチールウールで磨き上げた後、レモンオイルでしっかりと保護しています。
◆付属ケース
厚めのクッションが使用された丈夫なギグバッグが付属します。オモテ側のファスナー付きポケットはマチがありA4譜面の他、アクセサリーも余裕を持って収納できます。
<HEADWAY Japan Tune-up Series について>
プロギタリストは買ったギターをそのまま使わず、まずは信頼出来るリペアマンに預け好みのセッティングに調整してからステージに立つと聞きます。ギターに親しんだベテランは自分のギターのナットを自分で削り、好みの弾き心地になるまで手を加えます。弾き手に合った確かなセッティングがギタープレイにそのまま繋がることを彼らは知っています。Headway Japan Tune-up series(ジャパンチューンナップシリーズ)で私たちは細部に渡ってギターのポテンシャルを最大限に発揮できるようなセッティングにこだわりました。地味な作業を一つ一つ確実に積み重ねることでしか得られない、確かな品質のギターをお届けします。
新しくなったJTシリーズでは、ヘッドウェイ上位機種同様に加工精度を問われる「アリ溝ジョイント」と「ネックの後仕込み」の手法を採用。また、ヒール部にストラップピンを標準装備し、FISHMANのプリアンプを搭載しています。
※製品の特性上、木目・色合いは1本1本異なります。
※画像はプロトモデルの為、ペグがオープンギアタイプとなっております。
Specification
Body Top: Solid Sitka Spruce
Body Side&Back: Laminated Macassar Ebony
Neck: Nato
Fingerboard: Micarta
Nut: Bone
Saddle: Bone
Bridge: Micarta
Pickguard: Red Tortoise
Machineheads: Rotomatic Type
Pickup: Fishman Sonitone
Controls: 1Vol, 1Tone
Scale: 628
Width at Nut: 43.0mm
Fingerboard Radius: 400R
Bracing: Scalloped X Bracing
Finish: Urethane
ギグバッグ、保証書、レンチ付属
◆カラー:
・NA(ナチュラル)
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

トップ ⇒ 現在地


Headway
≪ヘッドウェイ≫
Japan Tune-up Series
HOC-KINGFISHER
わたなべゆう・シグネチャーモデル

エレクトリック・アコースティックギター

【エレクトリック・アコースティックギター】